キッチン蛇口からの水漏れ修理

キッチンの蛇口は長年使っていると、内部の部品が劣化してきて水漏れが起こりやすくなります。修理か部品の交換が考えられますが、原因が特定できれば簡単に自分で修理できることもできます。まずは、キッチンのどこから水漏れしているかを確認後、原因を探りましょう。

■蛇口の耐用年数

キッチンの蛇口のレバーを固く閉めているのに、蛇口から水がポタポタが滴り落ちる場合があります。この場合は、内部の部品が劣化している可能性があり、使われているゴムパッキンなどを交換することによって直るケースも多いです。
キッチンの蛇口の耐用年数は、長くても約15年程度で劣化します。10年以上使用している場合は、蛇口そのものが劣化している可能性がありますので、新品の蛇口 交換してしまった方がいい場合も多いです。その都度修理しても再発することがあり、新品を購入するより修理費用の方が高くなってしまうこともあるため、業者によく確認してみることが大切です。

■蛇口の構造

キッチンの蛇口の構造は意外に複雑で、多くの部品が使われています。キッチンの蛇口の中は、コマ、ケレップ、スピンドルなどの部品で構成されています。これらの部品を交換することで修理できる場合があります。他にバルブの継ぎ目や接続部分、ゴムパッキンなどさまざまな部品の緩みが原因となります。
水を止めても蛇口からポタポタ水漏れしている場合は、部品の破損や劣化などが考えられます。蛇口から水漏れしている場合、ゴムパッキンなどの部品を取り替えることで解消されることが多いです。蛇口を止めても水がポタポタしたたり落ちてきたり、パイプの継ぎ目から水が漏れていたら、水道業者に蛇口の修理を依頼しましょう。

■まとめ
キッチンの蛇口から水が漏れている場合は、最初にバルブの接続部分に緩みがないか確認しましょう。緩んでいる箇所がある場合は、その部分を閉め直すことで直る場合もあります。無理に修理しようとして分解すると、かえって状態を悪化させてしまうことがあります。原因が特定できない場合は、プロに任せた方が無難です。無理に修理すると、ゴムパッキンの交換だけで直るものが、他の部分の交換が必要になったり、蛇口自体を取り替えるようなことになりかねません。
まずは、止水栓か水道の元栓を閉めて、水を止めてから緩みをチェックしましょう。自分で直せる自信がない場合や、修理したけど直らないときは水道業者へすぐに連絡することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ