キッチンシンク下からの水漏れ修理

キッチンのシンク下の水漏れ場所を特定する際は、少量の水を流して確認してください。どこから水が漏れているか確認しないと、原因が分かりません。シンク下の水漏れの原因が配管の場合、排水管などにゴミが詰まっている可能性が大きいです。修理方法としては、排水口や排水管の詰まりを解消することになります。

■排水管を修理

シンク下にある収納戸棚の中を見ると、排水口の下から続く排水管が確認できます。排水管の接続部分には、ナットやボルトで固定されたゴムパッキンが取り付けられています。ゴムパッキンが劣化することで排水管 水漏れが起こる場合があります。キッチンの排水管はS字型に湾曲している場合が多いです。これは、キッチンの下の収納戸棚を開けると形を確認できます。
まずは、バルブの接続部分に緩みがないか確認してください。シンク下の排水管には、バルブの継ぎ目が複数あります。バルブの継ぎ目の一部から水が漏れ出すケースが多いです。バルブの接続部分の緩みを閉め直すことで、水漏れが解消できることがあります。

■シンクの破損

シンクに水が溜まらない場合は、シンク自体が破損していることが考えられます。シンク自体に穴が開いている場合は、開いた穴を補修する必要があります。見た目にこだわらないのであれば、ホームセンターなどで売っている補修材でも間に合います。排水管やホースに穴が空いている場合は、そこから水が漏れている可能性があります。水が漏れているところにビニールテープを巻いたり、排水管やホース自体を新品のものに取り替えると良いでしょう。
シンク下に水が漏れているということは、シーリング材などが剥がれている可能性もあるので、シーリング材の修理が必要になってくることがあります。コーキングなどシーリング材が剥がれて、隙間ができることで水が漏れることもあります。これはシーリング材の劣化が原因ですから、その部分を補修する必要があるでしょう。

■まとめ
シンクの下から水漏れしている場合があります。この場合は、配管の故障が原因と考えられます。中には、蛇口から水が漏れていて、それがシンクから伝わっている場合もあります。そのため、まずは原因を特定する必要があります。
排水管を修理することで、シンク下からの水漏れを解消できるでしょう。シンク下の配管から水が止まらなかったり、床に染み出しているようなら早急な修理が必要です。シンク下からの水漏れが自分の手に負えない場合は、すぐに水道業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ