キッチンの排水口・排水管の水漏れ修理

キッチンの排水口に水が溜まっていて流れない場合は、おそらくゴミか異物などの詰まりが原因でしょう。排水口の詰まりを取り除くことで、簡単に直る場合も多いです。
排水管の水漏れとセットになっている場合は、修理に時間がかかってしまうことがあります。シンクに設置された排水口のゴムパッキンなどの部品が劣化すると、シンク下の排水管の接続部分から水が少しずつ漏れることがあります。ゴムパッキンなどの部品を交換することで、水漏れを解消できます。

■排水口の詰まり

キッチンの排水口が詰まる原因ですが、食材や食器を洗う際の油分などが蓄積して起こることがあります。また、洗剤で洗った後の食べ物のカスなども排水口から流れていきますから、排水管にも汚れが溜まることになります。粘り気のある油汚れは排水管にこびりついて、その結果管の中が次第に狭くなってしまいます。さらに、粘り気のある油汚れに他の汚れが積み重なることで、どんどん配管の中で汚れが溜まっていきます。
そのため、時々パイプ洗浄などを行って排水管の中を掃除しないと、蓄積した汚れが固まることになり、排水菅のパイプが細くなって水が流れにくくなる原因となってしまいます。

■個人でできること

個人でできる方法としては、排水管が詰まらないようにこまめに綺麗に掃除し、普段から異物を流さないようにして排水管の詰まりを予防することです。排水口を綺麗に掃除することのできる、油汚れに強い洗浄剤なども販売されています。そのような排水菅の洗浄剤を使ってみると良いでしょう。
個人でできることを全てやっても水漏れしたり詰まる場合は、排水管などのパイプ類の経年劣化といった理由が考えられます。排水管に寿命がきている場合は、パイプの交換や取り換えなどが必要になりますので、水道業者に依頼しましょう。

■まとめ
排水口や排水管の詰まりを取り除くぐらいであれば、ご家庭で行うことができます。ゴムパッキンが緩んだだけのような原因次第では、自力で直せる場合があります。止水栓を閉めてから修理を行えば、安全に部品の取り替え作業ができます。部品の交換や修理を行う場合は、元通りに組み立て直す必要があります。自力で組み立てる場合は、分解した手順を覚えておきましょう。
自分で修理をしてみたけど直らなかったり、状態が悪化しそうに思ったときは水道 修理を水道業者に依頼しましょう。電話して見積もりを取るだけなら無料の業者もあります。複数の水道業者に問い合わせてみてください。メールなどで簡単に問い合わせができる業者もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ