キッチンの水漏れ修理パターン

キッチンの水漏れ修理パターン キッチンの床が水で濡れている場合、水漏れを考えた方が良いでしょう。原因の多くは、蛇口やシンク下の排水管などに問題があります。排水口が詰まっているために、シンクから水が溢れる場合もあります。
キッチンで水漏れが起こった場合は、シンクに水を流しこんでみて、どこから漏れているのかしっかり確認することが大切です。キッチンは毎日使うところなので、水が漏れれば水浸しになってしまう可能性があります。漏れている場所が分からないと、水道代がかさむ恐れもあります。水漏れの原因をはっきりさせて、適切な修理を行う必要があります。

■蛇口から水漏れ

キッチンの蛇口からの水漏れで多い原因ですが、バルブの接続部分の緩みか、ゴムパッキンなど部品の劣化が挙げられます。どこから水が漏れているかによって、どの部品が劣化しているかがある程度推測できます。緩んでいる場所を確認して問題がなければ、分解して中の部品を交換することになります。バルブの緩みぐらいであれば、素人でもすぐに直すことができそうですが、分解するとなれば時間と手間がかかってしまいますので、分からない場合は専門業者に依頼しましょう。
蛇口からの水漏れを解消する方法としては、部品の交換や取り替えなどの修理が一般的です。まずは、蛇口のどこから水が漏れているのかを確認しましょう。

■シンク下から水漏れ
シンク下の水漏れの原因を大きく分けると、ゴムパッキンの劣化か接続部分の緩みとなります。多いのは、排水管などに接続しているゴムパッキンの劣化で、サビついていたりゴムがつぶれていたりすることで、水がポタポタ漏れている状態になります。キッチンの床が濡れていたり、シンクから水が溢れていたりする場合は、まず排水管の接続部分やゴムパッキンを確認しましょう。排水管が詰まっている可能性もあります。
排水管をはずせる場合は、はずして綺麗に洗ってください。はずせない場合は、シンクの上からパイプクリーナーや重曹などを流しこんで詰まりを取り除きましょう。シンク下に何も異常がないのに水漏れしている場合は、蛇口から水が伝わっている可能性もあります。蛇口のゴムパッキンが壊れていたり、故障が考えられますから、この場合も蛇口 交換や修理が必要になります。

■排水口・排水管の詰まり

排水口が詰まることなども、毎日料理をするキッチンでは起こりがちです。排水口は、その下の排水管へと続いています。排水管は複数のパイプが接続されていることから、バルブの緩みなどが原因で水が漏れている可能性があります。
バルブが緩んでいるだけであれば、自力で修理することも可能です。経年劣化などで、排水管に寿命がきていることも考えられます。その場合は、排水菅ごと新しいものに取り替える必要がありますから、水道業者に依頼してチェックしてもらいましょう。見積もりを取るだけなら無料ですから、複数の水道業者を呼んで原因を調べてもらいましょう。

■まとめ
キッチンの床が濡れて水が溜まっている場合は、まずは止水栓か水道の元栓を止めましょう。最初に、水が漏れている原因を探してください。水漏れの原因を突き止めることで、自分で直せる場合があります。自分で直せるかどうか原因を調べてみても、修理に時間がかかる場合やどこを直していいか分からない場合は、水道業者を呼ぶことをおすすめします。
キッチンの蛇口の耐用年数は、およそ10年から15年程度と言われています。キッチンを10年以上にわたって使用している場合は、色々なところが劣化していることが考えられますので、新しい部品と交換する必要があります。修理して使った方が安いのか、新しい部品と交換した方が良いのかによって、水道業者に相談してみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース